働く女性のための福利厚生や子育て支援制度

看護師のおよそ90%が女性で、大きな病院などでは厚生年金保険や健康保険などの福利厚生面が完備している施設があったり、子育てに関してさまざまな支援を行う制度があります。
福利厚生面では雇用保険などが備えられ有給休暇などを取得することができたり、看護技術の各レベルに合わせた知識やスキルなどが習得できるよう各研修会や勉強会などが開催されています。
病院が所有する寮を利用することができ、一般的なマンションよりもかなり格安で利用することが可能です。
子育ての支援制度において妊娠や出産などの特別休暇や母子保健検診休暇などを利用することができたり、ベビーシッターなどを利用する際に出る費用を負担するなどの保育料の助成が行われています。
夜勤が難しい状況の場合は日勤の勤務に変更したり、短時間による勤務制度などが利用可能です。
病院内に託児所を設置しているところがあり、看護師の出勤や退勤に合わせて子供の送り迎えができたり、清潔で明るい室内で子供たちがのびのびと元気に過ごせるようになっています。
24時間利用可能で仕事と子育てを両立することができ、夜間保育や休日なども子供を預けることができるので仕事に専念することができるでしょう。
院内保育には保育士さんや経験豊富なスタッフさんがいるので、子供の成長をいっしょにサポートしてくれます。
ひとりひとりのライフスタイルに合った子育てのための支援制度があり、女性が働きやすい職場作りに取り組んでいる施設が多くあります。
どのような福利厚生や支援制度があるか、またそれらを利用している看護師の話など知らなきゃ損!ママに優しい福利厚生を読んで、今後どのように働いていくか役立ててください。