子育てに関する福利厚生の違い

時短勤務制度や育児休暇のように国から定められている子育ての支援制度がありますが、それに加えて行われている福利厚生については職場によって違いがあります。
女性にとって少しでも役立つ福利厚生がある職場で働くのは魅力が大きいでしょう。
看護師として働きながら子育てもするのは負担になりがちであり、どのような形でサポートしてもらえるかで働きやすさが変わります。
職場による違いこそ大きいものの、全体としてみると職場の種類や規模による傾向があるのは知っておくと良いでしょう。
規模の大きな病院や法人化していてチェーン店を持っているクリニックなどの場合には比較的福利厚生が充実しています。
これは経済力が十分にあるので大きな投資をして施設を準備したり、福利厚生のために費用を割いたりしやすいからです。
託児施設を準備していたり、時短勤務中の給与を保証したりできるのは規模の大きい施設が中心になります。
一方、規模が小さくなると施設内で子育てに向けた福利厚生を提供するのが難しくなりやすいのが実情です。
しかし、細かな配慮をすることで子育てをする女性看護師にも働きやすいように心がけているのが通常になっています。
託児施設は用意できなくても保育園との提携をして利用しやすくしたり、福利厚生代行サービスを利用して家事代行などを依頼できるようにしたりしているのが典型的なものです。
このような違いがあることも理解して就職先を選ぶと良いでしょう。